So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中近東文化センター [街]

IMG_0153.jpg
 三鷹市大沢にある中近東文化センターに行った。企画展のたびに、もう十年以上通っている博物館だ。今回のテーマは「ペルガモンとシルクロード」。目玉は、ドイツにあるペルガモン博物館所蔵のペルガモン大祭壇の浮彫りフリーズという彫刻。巨人族と神々の戦いなどを表現した彫刻のごく一部が出品された。企画展の写真撮影は禁止とのことで、大理石の彫刻の写生の可否を聞いたところ、残念ながらそれもかなわず。本日の目当てはそこにあったのだが……。「大祭壇浮彫り断片 巨人族の頭」の風合いと造形美を目に焼き付けた。
 中近東文化センターは財政的な問題で一時閉館となったが、市の協力などのおかげで再開を果たした。交通が少々不便な場所にあるのが残念だが、常設展示には、古代中近東の美術品・工芸品のほか、ロゼッタストーンの複製やエジプトのミイラの木棺(これは本物)、正倉院にある白瑠璃碗に似たカットグラスなどが展示してあり、それらをゆったりゆっくり見ることができる。三鷹市民の入館料は安い。歴史好きでなくてもいちど訪れてほしい博物館だ。
タグ:博物館
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0