So-net無料ブログ作成

愛しのチロ [写真]

 荒木経惟氏の写真集「愛しのチロ」(平凡社)を見る。1990年に刊行された本の復刻版。猫を飼ったことのある人ならば、この写真集に収められているものがなんであるか、すぐにわかるだろう。カバーには、まっすぐな目をしたチロのカットが使われている。人と猫の関係。猫が人を見るまなざし。そこには、一点の曇りも矛盾もない。
 かわいいだけの猫写真は市井にいくらでもある。しかしこの希代の写真家はやはり視点が違う。丸めがねの奥にある真摯な眼で一匹の若い猫を見ていた。エロはダテではない。何気ないカットでありながら、見ることの大切さをあらためて考えさせられる。さまざまな表情をはじめ、寝姿から交尾、獲物食いまで、ここには猫のすべてが演出なしで写し出されている。日常の愛情。そして、少しセンチメンタル。
 われわれは日ごろ、二つの目で何を見ているのか。本書のような写真集を見ていると、己の視点のあいまいさ、いい加減さに自信がなくなってくる。いま、自らの欲望の歯車にあえいでいる我々に必要なのは、ここに写っているような、人と猫の間に交わされる純粋なまなざしではないだろうか。
 見ること、写すこと、想うこと(愛)。アラーキーの写真はそれがすべてイコールでつながる。本書には同氏直筆の文章が随所に挿入されており、生の言葉が味わい深い。愛猫チロと過ごした時間が刻まれた記録。在りし日の陽子さんの姿も写っている。私もその時間とふれあいの感覚を共有させてもらった。自分が昔飼っていた黒猫との懐かしい記憶とともに。
 本書は、以前紹介した「チロ愛死」の次に見たい写真集だ。全編モノクロなのもいい。巻末に、デビッド・ボウイのような顔をしたチロのポストカードが付属する。


ChiroMyLove.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チロ愛死 [写真]

 荒木経惟氏の「チロ愛死」を見る。愛猫が老いて弱り、やせ細って死ぬまでを撮り続けた写真集。アラーキーの写真集なので当然、女の裸あり。チロの弱りゆく姿の対面に、花や空、屋上の恐竜人形、そしてエロ写真が日付入りで挿入されている。あくまで、写真は荒木氏の日常なのだ。ここでわれわれは、この写真家の愛するものへのまなざしを再び目にする。
 荒木氏の奥さんの陽子さんが連れてきたチロ。新婚旅行から陽子さんが癌で亡くなるまでを記録した写真集「センチメンタルな旅・冬の旅」を三鷹の書店で見たとき、私の目には涙が出た。それまで、書店で泣いた経験はない。「イヤ、イヤ、死ぬのイヤ」と顔を横にふりながら逝ってしまった妻。あれは、決して止めることができない、過ぎ去る時間に対する悲しみだったのか。写真はその時間を止める唯一の希望だ。「センチメンタルな旅・冬の旅」にいくども登場していたチロは、まだ無邪気な若い猫。「冬の旅」は屋上の雪の中でジャンプしたチロの写真で終わっている。
 「チロ愛死」は、遠くを見つめるような緑色の目のカットで始まる。徐々に死に近づいていく姿。レンズと被写体の距離は、そのまま写真家のまなざしだ。痛々しい姿に変わっていく愛猫。別れが迫ってくる。やがてチロが旅立つ間際、写真はモノクロになった。モノクロになって写真以外の存在が世界から消えた。そして、棺に入ったチロの亡きがらの写真の対面には、陽子さんの棺の写真。二人とも花につつまれている。花につつまれて旅立った。
 写真家と亡き妻の間にあり、夫婦の時間をつなげてきた猫が死ぬ。喪失。時間とはかくも悲しいものか。私も以前、愛猫を失った。その悲しみは32年たったいまでも心に留まったままだ。
 火葬されて白い骨になったチロの写真のあとは、自宅の同じ場所から撮ったのであろう空の写真が何枚も続く。「愛死」を経た写真家の目は空に向かう。いろいろな表情の空、空。時間がずっとつながっていく先は多分、空か海なのだと私は思う。空のカットのあと、本書最後の1枚は晴天に伸びる新緑の木だった。日付は5月5日。いい季節である。