So-net無料ブログ作成
検索選択

宮崎駿監督の「風立ちぬ」 [映画]

20130930_風立ちぬ.jpg

 宮崎駿監督の「風立ちぬ」を見た。私は公開して間もない8月初旬の雷雨の日にレイトショーに行ったが、売り切れでチケットが買えなかった。ジブリおそるべし、だ。そろそろ空いているだろうと思い、劇場に足を運んだ。
 本作を観た人の評価は賛否あるが、私はおおよその予想をつけていた。宮崎監督が飛行機をテーマにするのであれば当然のことながら風を描く。そこで表される浮遊感や飛行感覚は心地よいだろう。「風の谷のナウシカ」しかり、これは期待できるという読みだ。飛行機乗りが主人公の作品「紅の豚」もなかなか楽しめた。ジブリ作品における風や飛行の動画はお家芸だ。
 私は宮崎監督の本領は躍動感にあると思っている。これまで見てきた作品において、特に心躍るのは活劇的な要素をもつシーンだった。最初の劇場作品「ルパン三世 カリオストロの城」などがその好例だろう。躍動的な描写にこそ、アニメーションの本質である、命をふきこまれた絵という手法が生きる。同監督はこの盛り上がりの作り方が非常にうまい。そこに、監督得意の清廉なロマンチックさが花を添える。一方で、啓蒙的な匂いのするストーリーに載せた作品の未消化さや、人間の矛盾や得体の知れなさをドロドロで表現した作品は生理的に好きになれない。私の中での宮崎アニメの基準はあくまで「カリオストロの城」だ。高校生だった私は、劇場で観たこの作品から強い印象を受けた。アニメーションはここまでやれるという驚きと、この先があるという感触をつかんだ。
 「風立ちぬ」は、零戦を設計した堀越二郎と作家・堀辰雄という実在した二人の人物の人生を混ぜ合わせてつくられており、これまでのジブリ作品の中では異質の類といっていいだろう。物語は関東大震災から太平洋戦争の敗戦までを通して描いている。戦争という苛酷な時代に巻き込まれながら飛行機設計技師としての道を実直に歩む堀越二郎という人物の生き方と、結核で妻を亡くした堀辰雄の人生あるいは作品を織り込むようにしてストーリーが展開する。その要素を、主人公が見る夢でスムーズにつなぎ合わせている点が特徴だ。
 本作は、宮崎監督にとって長編最後の作品だという。それにふさわしく、動きとしてのアニメーションの質は高い。そして、古い日本の自然や家屋などの背景が美しい。人物よりも背景に目がいってしまうことがときどきあった。全体をとおして色彩設計も練られ、いい色を出していた。鑑賞前は、飛行機が空をぐいぐい飛び回って風を存分に感じることを想像していたのだが、実際にはもっと身近な情景や帽子や日傘が飛ぶシーンにおいて表される風の印象が清々しかった。また、音響が聴きごたえがあり、雑踏の人々の足音などがさりげなくうまい。さらには、一部の効果音は人の声を加工してつくられている。
 少し走ってしまったところはあるが、話の筋、アニメーション、音響、色彩設計を総合的にみて、よくできた映画だと思う。走ったというよりは、戦争の具体的描写を避けたということなのだろう。しかし、堀越が兵器を設計したという事実に変わりはない。希望を途中で絶たれることになる妻が自ら去っていく姿、終盤の別れのシーンはいい。菜穂子の最期の言葉が画面から浮かび上がった。惜しいのは脚本が弱い点か。なにか最初から最後まで淡々と進み、心にひっかかるものがない。きれいな要素だけで出来ている。
 この映画で監督が押し出したのは、主人公二郎の実直な生き方だ。小さいころ、設計技師になることが夢だった私としては、その歩みにもう一人の自分を重ね合わせた。主人公のまっすぐな姿勢は宮崎作品において常に一貫している。それがスタジオジブリの制作の柱といっていいだろう。
 傑作「カリオストロの城」から三十数年。カリオストロの城では水の表現が際立って美しかった。そして本作では風。水も風も生きることのメタファーだ。水が流れ、風が吹くところに命が宿る。その風を鉛筆一本で表現するのがアニメーションだ。さて動画としての「風立ちぬ」は「カリオストロの城」を超えたかといえば、残念ながらそうは思わなかった。「質」が緻密に高まることと、絵に命を吹き込むことは別なのだ。ジブリにはその原点にもういちど立ち返ってほしいと思う。青空を飛ぶ飛行機が描く軌跡のように、宮崎監督の長編映画は最後に一本の直線を描いて幕を閉じた。
 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

水彩画の個展を開く [美術]

20130916_Galleryのコピー.jpg

 6日間の日程の個展が終わった。今回は初めての地元での開催。場所はカフェギャラリーだ。以前ここでグループ展を行ったときに空間が気に入ったので、一人で借りることにした。
 カフェというよりも食事をする人が多く、内容はレストラン。土日に限らず、平日も家族連れなどで賑わう。その横に隣接した小さな貸しギャラリーは、道に面した側がはめ殺しのガラスになっていて、外からも見える八畳ほどのスペースだ。
 今回展示したのはF4〜F6までの水彩画の小品。モチーフや色調が近い作品を選び、額もそろえた。いままで私は、個展やグループ展で自分の作品に値段を付けたことはなく、プレートに初めて価格を表示してみた。美大を卒業してもうだいぶ経つというのに、いまごろ価格を表記しはじめるとはのんきにもほどがある。バブルのころならともかく、かなり遅きに失している。しかしそれは重々承知。少しは人様に見せられるくらいのものになったか、というレベルにすぎないのだ。
 中堅の作家である同世代の友人に聞くと、'80〜90年代とは異なり、近年絵は全然売れないという。特に抽象の油彩画は厳しいらしい。確かに、友人たちのグループ展や個展に行っても、売れるのは1、2点で、しかも価格が1〜2万円の作品が多い。村上隆や奈良美智など、一部の有名現代美術家は別にして、旧来の画廊で開かれる個展の絵は中堅であってもなかなか売れない時代になった。
 個展をする前に、画材店の店主や美術研究所の講師などに、絵を売ることについて聞いても、まあ売れないだろうという見立てをされた。こちらは一縷の望みをもっていたのだが、周囲の目はすこぶるドライだ。確かに、いろいろな情報から判断して、「絵を気に入って買う」という行為に及ぶ人が会場に足を運ぶ確率が低いことは明らかで、単にDMを配布しただけではダメだろうとは思っていた。
 カフェ・ギャラリーなので、カフェに座りながら来客の様子を見ることができる。中心の客層は30代の若い夫婦か子ども連れが多い。お茶や食事に来た家族はまずギャラリーには入らない。ギャラリーに足を運ぶのは、一人で来た女性か、二、三人連れの20代くらいの人たちだ。いずれにせよその数はわずか。もちろん、絵の内容や展示方法によっても状況は異なるだろうけれど。これまでこの場所(あるいは近場の画廊)で開かれたほかの作家の展示にも何度か訪れ、6日間の自作展を見て、カフェ・ギャラリーあるいは三鷹という街で絵が売れるか、売れないかが分かる気がした。結局私の絵は一枚も売れなかった。そのぶん、遠方から見に来てくれた友人や親戚、アドバイスをくれた知人には感謝している。
 貸し画廊を借りて展示を行っている画家は、制作以外に多くの仕事をこなす。展示作品の方向性、会場探し、DMなどの宣伝、額装、搬入、展示設営、来場者応対、撤収搬出、会場費支払い、そして売れ残る作品の保管など。画家の多くはこれらの作業に時間をとられて、マーケティングを考える余裕がない。一方で、画廊と契約するか、企画画廊に声を掛けてもらえる画家は、自己プロデュースに煩わされることなく制作に集中できる。その代わり、売り上げの半分は画廊にいく。
 絵を買うという行為は、服や家具を入手するのとは動機が異なる。絵にはもともとニーズがない。そのため、絵が売れるにはまずいくつかの条件が必要だ。私の乏しい経験で気がついた条件とは、まずモチーフと傾向、そして展示場所、画廊のバックアップ、販売の継続性だろうか。しかし、それらの条件がそろったとしても、絵画という商品は必ずしも売れるわけではない。絵を評価してくれる人イコール買う人ではないからだ。来場して「いいね」と言ってくれる人と、実際に購入する人の間には大きな隔たりがある。親戚や知人以外で絵を購入してくれる人は、実際のところ少ない。もしかしたら、この世界に一人か二人か。つき詰めれば、偶然を待つしかないのだが。
 絵の価値を分かってくれる人が来る「場所」はどこか。画廊も、ただの貸画廊からきちんとした企画画廊までさまざま。自分の作品を企画画廊まで持って行くにはどうすればいいのか。作品の内容を高めることはもちろんだが、私のような遅れてきた者は、そのあたりから考える必要がありそうだ。

 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

磐梯山(2) [制作]

20130820_goshikinuma.jpg
毘沙門沼

 翌日は朝から雨だった。テレビを見ると、天気図では前線が東北地方を横断するようにかかっていた。残念な天候。バッグパックの中身や画材をビニール袋で包み、支度をする。タクシー猪苗代駅に向かい、10時40分発の路線バスを待った。これが始発なのだ。観光地ではあるが、バスの本数は過疎地なみに少なく、1時間に1本あるかないか。
 磐梯山は雲に隠れている。30分ほど乗って五色沼で下車。目的は裏磐梯から臨む山。大雨の中、バス停に立ち、大した下調べもせずにやって来たため、どの方向に進むか思案する。ひとまず近くの建物に向かって歩いて行くと、そこは公営のガイドセンターだった。女性ガイドに付近で磐梯山が見える場所をいくつか教えてもらい、50円の地図を買う。今日の五色沼は雨で山道が悪いので、毘沙門沼までにしておくほうがいいと助言された。毘沙門沼はそこから歩いて10分もかからない場所にあった。水たまりだらけの迂回ルートを歩くと、「熊に注意」の看板があり、緊張する。
 エメラルドグリーン色の沼に雨が降る。周囲に人工物や人の姿のない沼は静まりかえり、その深い色ゆえか、少し怖さを感じた。沼の向こう側にあるはずの磐梯山はまったく見えない。画材は広げられず、水辺にたたずみ、あたりを見渡すのみだった。
 沼の近くで雨の止むのを待ち、昼食を取る。うろうろするうちに一瞬だけ雨が上がったため、急いで沼の周囲を下書きをしたが、すぐにまた雨粒が落ちてきた。制作をあきらめ、磐梯山の噴火や周辺環境にまつわるガイドセンターの展示を鑑賞し、16時発のバスに乗って再び駅に戻る。

 三日目は曇り。早朝、ホテルから浜に降り、散歩をした。桟橋に上がって湖底をのぞく。猪苗代湖畔の線量は0.07μSv/hほどで三鷹と変わらず(DoseRAE2)。チェックアウトを済ませ、ホテルのクルマに乗せてもらい猪苗代駅へ。運転手によれば、猪苗代は周囲を山に囲まれているため放射能汚染から免れ線量が低いのだが、風評で観光客が激減したという。それでなくても、以前からの不況で猪苗代湖畔駅は閉鎖され、団体客は減っていたとのこと。原発事故がそれに輪をかけた。ホテル周辺の土産店やレストラン、売店の8割がたは閉まっており、往時の賑やかさはない。
 前日と同じ時刻発の路線バスに乗る。この日は観光客で座席が7、8割埋まった。彼らは五色沼で降り、私はその少し先で下車した。五色沼のガイドに教えてもらった磐梯山噴火記念館まで歩く。幸い晴れてきて、南の方角に中央が円形に削れた磐梯山の一部が現れた。
 木陰のバス停で休むおばあさんに磐梯山のことなどを尋ねる。ここもまた、人影が少ない。ひとしきり周囲を歩き、ポイントを探す。前景の建物や木立などに一部さえぎられているが、全容がほぼ見える場所にイーゼルを立てる。陽が出て、暑くなってきた。水を飲みながら水彩紙に向かう。裏磐梯から見える凹型の形状は複雑であり、とらえにくい形をしている。噴火で吹き飛んで現れた赤みがかった肌色の岩場と濃い緑の山肌。山というのは本来、内から外に向かって膨張する力が働くはずだが、磐梯山の場合、大きく削がれた部分の力のベクトルが逆なのだ。この日もまた試行錯誤を繰り返すかたちでなんとか数枚描いた。納得できる仕事にはほど遠い。
 制作の途中で噴火記念館を訪れ、少しの時間、磐梯山に関する史料や模型などを見た。実際の岩石のサンプルに触れてみる。遠景の山と手元のサンプルはまったく同じ色をしていた。3階の展望台から山を臨む。ちなみに、噴火記念館横の、苔がつき枯葉がたまる入り隅を計測したところ0.25μSv/hを示した。予想外の数値だった。私は原発事故以降、風景画を描く際に放射能汚染を意識せずにはいられない。東京が汚染された数日後には近くの植物公園などでこれまでどおり制作を行い、今に至る。汚染された土地を描いているという認識は常にもっているが、それが自分の色彩に影響をあたえているかどうか、具体的には分からない。描いている最中は頭から消し去るからだ。
 4時半終了。山の表情は刻々と変わる。左手の中腹から雲が湧いてきて、山頂を隠した。名残惜しく、また来ることを誓って、道具を片付けた。無人のバス停留所でひと休み。夏の終わりに同期するように陽が傾いていく。猪苗代駅に戻り、18時46分発の磐越西線に乗って、帰路についた。

20130821_bandaisan.jpg
磐梯山の北面

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

磐梯山(1) [制作]

20130819_bandai1.jpg

 8月の下旬に磐梯山を描きに出かけた。新幹線郡山に行き、磐越西線に乗り換え、猪苗代駅で降りた。行楽シーズンを外して行ったとはいえ、猪苗代駅前は意外にも閑散としていた。歩く人の姿はまばらで、食堂と喫茶店以外に開いている店は数えるほどしかない。数台のタクシーが止まっているだけのロータリーを過ぎ、磐梯山を探す。すると、山の上部が駅前の建物越しにすぐに現れた。さらに西側の道を2分ほど北に歩くと、全容が見える場所に出る。
 久しぶりに見る磐梯山は、夏の強い陽射しと湿気に覆われ、青白くかすんでいた。ずっと記憶に残っていたのは北側の裏磐梯から臨んだ、岩肌が露出した凹型の姿だ。南から臨む山は、頂が二つに分かれてはいるものの、三角形の構造は保たれている。斜面は緑におおわれていたが、猪苗代スキー場が黄緑の帯のようにいくつも刻まれ、高揚した気分に水を差した。県を代表する名山にスキー場を造るとはなんだか貧しく、腹立たしい思いが湧いてくる。
 山は住宅や低層のマンション越しにそびえる。ひとしきり眺めたのち、イーゼルを立てた。用意してきたのは水彩。この山をどう捉えようか、実は確たる構想もないままやって来た。稜線は長く、F8の水彩紙には入りきらないスケールがある。それは予想していたが、水を含んだ夏の空気には考えが及ばなかった。その空間を通して見る山は、色も輪郭もあいまいに見えた。
 とはいえ、この大きな空間を捉えることこそが重要であり、風景画は一度や二度来たくらいで描けるわけではない。今回は様子見になることも覚悟していた。陽射しが強く、それを避けるため、道路沿いのアパートの階段の下から山に対峙した。手探りで色を置くが、タッチも色彩もつかめないまま、とりあえずの3枚を描く。まだ感覚がなにも受容していない。この山は自分にとって何なのか。
 陽が傾いてきたので、制作を終了して駅に戻り、迎車で猪苗代湖畔に建つホテルに向かった。道行きで運転手に聞くと、磐梯山がくっきり見えるのはやはり秋だという。考えるまでもなく当たり前のことだが、それも分からなくなるほど、自然から遠いところに住んでいる自分に気がつく。
 ホテルに着いて荷物を下ろし、休みもせず絵の道具を持ってにすぐに猪苗代湖の湖畔を歩く。日が沈みきらぬうちにモチーフを探す。三十数年ぶりに近くで見る猪苗代湖は静かでおだやかな表情をたたえ、ゆっくりとした波をよせて変わらずにそこにあった。向こう岸が遠くかすかに見える。砂は深く、浜と呼んでいいだろう。遊泳区域で泳いでいる若者が2人、キャンプをしているグループが2つ。あの白鳥型の遊覧船はここにはなく、だいぶ昔に長浜という場所へ移ってしまったという。湖を正面にして右手に磐梯山の偉容が見えた。すでにシルエットでしかない。山と巨大な湖。この風景が太古の昔からあったような気にさせる構図だ。夕暮れの湖の景色に見とれる。湖に流れ込む小川の水は美しく、夏だというのに冷たかった。その川を越えて浜の北端にイーゼルを立て、湖畔の木立を描いた。武蔵野の崖線を描く色彩とタッチで描いてみた。20分ほどで陽が沈んで色彩が消え、制作は途中で終わる。

20130819_inawashiro.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。