So-net無料ブログ作成
検索選択

武満 徹「ソングブック・コンサート」 [音楽]

20130720_武満徹の歌コンサート.jpg

 武満 徹の曲を歌う「ソングブック・コンサート」と題した公演を三鷹市芸術文化センターで聴く。出演は、6人の歌い手とショーロクラブ(ギター・バンドリン・コントラバス)。ステージ向かって右手にショーロクラブの3人が並び、左手にイスが用意され6人の歌い手が座り、交互に中央に立って歌うスタイル。照明を落とした舞台の背面に7つの電球が灯る。
 1曲目はショーロクラブによるインストゥルメンタル「翼」。少し南国の雰囲気を漂わせるゆったりとした、夏に合う曲調。3人のアンサンブルはこなれており、完成度が高い。編曲は秋岡 欧。2曲目の「めぐり逢い」を聴いて、この公演に来てよかったと冒頭から思う。歌ったのはアン・サリー。ほんのりとした哀切、豊かで心地よい開放感のある曲。この心地よさを言葉で表すとすれば、それは「夢」だろうか。アン・サリーの歌を初めて生で聴いた。決して厚みのある声ではないが、ホールの響きとあいまってこころにすうっと入ってくる。CDで聴くよりもライブで生きる歌声だ。3曲目は沢 知恵による「うたうだけ」。詞は谷川俊太郎だ。曲がもつリズムのはね具合のせいかもしれないが、彼女は昭和の時代がもっていた愉しさ、イマジネーションと響きをうまく表現していた。4曲目はおおたか清流(しずる)による「明日ハ晴レカナ、曇リカナ」。詞は武満 徹。夕空が広がるような歌声は魅力があった。
 このコンサートでいちばん聴きたかったのは、アン・サリーの「死んだ男の残したものは」(作詞:谷川俊太郎)だった。期待どおりの内容で、アレンジもよく、この歌に込められた乾いたさみしさが伝わってきて、いまの時代にこのような歌を聴けるとは思わなかった。彼女の声にはどこか母性的な芯がある。最後の3曲、おおたか清流「三月のうた」、沢 知恵「燃える秋」、松田美緒「翼」のいずれも聴きごたえがあり、曲のよさを十分に引き出していた。
 武満 徹の歌は、戦前から続くポップスや歌謡曲の文脈とつながっているように見えるが、実は何もない時代の日本、それは例えば戦後の風景のような、荒涼たる世界に彼独自の創造性によってつくられたもののように思える。時代に左右されず、風化しない情景や感性をしっかりと含んでいる、そんなイマジネーションに支えられた音楽なのだ。個人のイマジネーションほど強いものはない。いまの私にとっては憧憬とさえいってもいいだろう。昭和を生きた人なので、当然その空気がメロディーやハーモニーに色濃く反映されている。武満徹の歌の底に流れるテーマは希望だろうか。
 歌い手の女性は皆、それぞれ独自の雰囲気と声質を持っており、最近のテレビやラジオなどに出てくる底の浅い歌手にはない歌声が印象に残った。特にアン・サリーは、作曲者と作詞者のこころを美しい声と安定した音程にのせて聴衆に届ける。夏の暑さを和らげる、清涼で夢見るような歌の会だった。

「武満徹ソングブック」amazon
http://goo.gl/e9XNWT

イアン・トマス・アッシュ監督の「A2」 [映画]

20120714_A2.png

 東京経済大学にてシネマ・タイフーンと題した上映会が開かれ、イアン・トマス・アッシュ監督の「A2」を観た。福島県伊達市で撮られたドキュメンタリー映画(2013年公開)。A2は甲状腺の検査において「5mm以下の結節(しこり)や20mm以下ののう胞を認めたもの」とした判定レベルの名称だ。本作が焦点をあてたのは主に小さな子どもをもつお母さん。カメラは放射能汚染に住み、その被害に翻弄される彼女たちの苦悩と独白、行動、子供たちの日常を色づけなく捉えた。また学校の対応や除染に関しても取材を行っている。驚くのは、画面に登場する子供たちの甲状腺のほとんどにのう胞(A2)があった点。そして、とある学校の敷地の横でお母さんが測ったガイガーカウンターが35μSv/hを計測したこと。そこはすでに戦場だ。無邪気に遊ぶ子どもたちの姿と、その口から出る「放射能」の言葉に、胸が締め付けられるような気分を味わった。
 今回の上映会ではほかに「フタバから遠く離れて」(舩橋淳監督)「無人地帯 No Man's Zone」(藤原敏史監督)の2本が上映された。いずれも、A2同様福島で撮られた原発事故にまつわるドキュメンタリー映画だ。上映後にディスカッションが行われた。3人がそれぞれの映画制作時の状況などを2時間ほど語った。反原発が目的の上映会ではなかったが、最後の質疑で山下俊一と同様の発言をする女性が現れ、「神戸を始め全国各地での子どもの甲状腺検査では60数パーセントの割合でのう胞が確認された」と指摘。つまり、この映画のタイトルである福島の子どもにおけるA2は特殊なケースではなく、過大に表現することになるのではないかとの懸念を監督に突きつけた。これは本作のテーマの全否定につながる意見だった。監督を含め、その場にいただれも答えを用意していない問い。会の終了後監督に聞いたところ、映画に登場する子どものほとんどがA2であったことは偶然だという。放射性ヨウ素が南下したいわき市のことを話すと、いわき市もきちんと検査を行ったほうがいいと語った。
 確か以前の報道では、福島県内の子どもののう胞検査の統計が、30数パーセントから40数パーセントに上がったと伝えられたはずだ。放射能の影響に関しては情報が交錯しているうえ県が検査結果を隠蔽しており、いまだ確実なことが言える状況にない。ミクロの世界の暴力。この点が放射能汚染の難しいところだ。影響は明日出るのか、3年後か、数人に出るのか数十万人か。放射性ヨウ素が南下したいわき市ではどうなのか。ただし、生命を守るためのシグナルを摘み取る権利はだれにもない。原子力を推進する側の手口は、まず隠蔽、そして被害者が発するシグナルを統計的なデータでくるんで希薄化させ、無効にしてしまう。奇しくもA2の冒頭には、事故直後に福島県内で「年間100mSv以下なら放射能は大丈夫」を吹聴してまわった山下が登場する。
 表現者は今回のような類の批判に対する言葉を用意しておく必要がある。人々の危機感を否定する意見は必ずつきまとう。前述したように福島はすでに戦場だ。お母さんや子どもたちは3.11以降そこでずっと戦っている。いや、戦わされている。ドキュメンタリー映画はもはや戦場取材と変わりがない。それを上映するときでさえ、つねに原子力を擁護する側から発せられる批判と戦う必要があるのだ。福島の惨状や放射能汚染を表現する場であっても、そのことを忘れてはいけない。

「A2」予告編
http://www.a2documentary.com/

※その後映画のタイトルは「A2-B-C」になったもよう(2014年3月19日追記)

中学校解体 [学校]

 またもやいじめ(虐待)で中学生が自殺した。亡くなったのは品川区立中学校の1年生。これで何十人目になるのだろう。公にならない自死もあるはずで、まったなしの状況だ。私は、もはや中学校は廃止にしたほうがいいと思っている。これだけ子供が自殺する環境は異常だ。そこではなにが起きているのか。国内では毎年3万人近い人間が自殺しているが、ここでは話をそこまで広げずに焦点を絞って考えてみたい。
 今回の事件でも、加害者生徒は「遊びの延長だった」、先生は「生徒同士の悪ふざけだと思っていた」と自らを弁護する。いままで何度も聞いた台詞だ。実態は、常に「死ね!」の圧力があり、中学校は少数の人間を崖っぷちに追い詰める場所と化している。昔のいじめといまのいじめの大きな違いは、子供たちが「死ね」という非情な言葉を手に入れたことだ。これは殺人に使われる刃物や凶器と同じもの。14歳前後の未熟な人間がそれを日常的に振り回すことが許されてしまった。この凶器によって自分の子供が殺される確率は決して低くはない。
 一人の人間が自死するまでには相当な圧力がかかるだろう。ましてこれだけ多くの子供が自殺し問題になっているのに、肝心の先生が知らぬはずはない。先生は虐待に気づいている。もし本当に気がつかないのなら、そんな危険意識のない、不用心な人は先生には向いていない。いざというときに役に立たず。先生は、子供たちの関係や態度に十分注意をはらうべきで、勉強の進度は二の次でいい。
 私は以前自分の子供が通う中学で、いじめや暴力、破壊などさまざまな問題が起きた際に、教師と校長に意見した経験がある。やっていることがあまりにも後手で、散漫だったからだ(生徒にパソコンのパスワードを盗まれて、いじめアンケートの内容が生徒の間で回し読みされていた事件、数々の暴力沙汰、不登校の児童を数名生みだしてしまったことなど)。そのときの印象は、彼らはかなり鈍感だということ。また、暴力事件で学校に救急車を呼んだ事実などを隠していた。事態あるいは時代は教師や校長では手に負えないところまで来ているように感じた。
 もちろん、先生や校長だけに問題を押しつけてみたところで解決にはならない。中学校のいじめはなぜこれほどまでに多く、深刻なのか。知人のM氏は「学校の難しさ、ダメなところはパワーゲームに目覚める思春期の子たちを1日中同じ教室に6時間も入れておくところ。あれじゃあイジメが発生するに決まっている」と語る。また、編集者仲間のSさんも同じ考えだ。そのうえで以下のような提案をしている。
「(前略)学級という固定的なグループをなくそう。学校では、目標とする進路や、到達度に応じて、各コマごとに別々の顔合わせで授業をしたらよろしいのでは。なんだったら、別の校舎に通ってもいいと思う。体育は○○中学の校庭、家庭科は△△中学調理室、といった具合。運動会や文化祭も自主参加でよろしいです。
学校とは、学問を身につけると同時に、社会性を身につけるところであります。社会性とは、閉鎖的な空間で嫌いな人間と無理してつきあうことではありません。無名の人々の集まりの中で、場に応じた行動ができることではないでしょうか?」
 私はこの意見に同意する。戦前・戦中から続く古びた「箱」に子供を押し込めるのではなく、それをいったん解体し新しい枠組みを作って、生徒同士の関係をゆるやかなものにする。なおかつ、仕組みに合わない場合には、自由に選べる別の進路(たとえば有志の教師と親が作ったチャータースクール、あるいは塾)を用意したい。このくらいの解体・再生を実施しなければ、中学校という閉鎖空間での虐待の犠牲を止めることはできないだろう。このアイデアは小学校や高校にも適用できるはずだ。つまるところ、流動性と多様性を取り入れ、新しい空気を送るのだ。さて、それをどこがやるか。旧態依然の教育委員会ではない。新しい政治家と有志の教師、民間が音頭をとるのがいいと思うのだがいかがか。子どもたちの意見を聞くのも大事だろう。
 

2013.07.21 LET'S VOTE [政治]

20130711_参院選.png

 参議院選挙が告示され、選挙戦が始まった。今回の選挙の争点は改憲や原発再稼働、TPP、消費税増税などの大きな問題が目白押しだ。TPP以外は自民党が火を付けたものばかり。野党各党はいずれの問題にも賛否を表明する必要に迫られ、選挙戦の焦点を絞りきれないでいるように見える。その提言は濃淡こそあれ、みな似たり寄ったりの印象だ。こちらには強く響いてこない。
 例えば社民党。改憲・原発再稼働・TPP・増税・アベノミクスのいずれにも反対を表明し、「強い国よりもやさしい社会」というスローガンを掲げている。安倍政権が目指すところは、日本を戦争に参加できる強国にすることだ。改憲を行い、その路線でいくならば、将来徴兵制が復活する可能性さえある。この点は大いに危惧しなければならない。しかし、社民党が掲げる「やさしい社会」が、安倍政権の押し出しに対抗できるテーマだろうか。党首の福島みずほさんは法律の専門家なのだから、安倍政権の改憲を徹底的にたたき、立憲主義の維持に最大限の力を注ぐべきだろう。
 いろいろな「仕込み」を行っている安倍政権が今回の選挙で声高に叫んでいるのは経済の復興だ(東北や福島の復興ではない)。景気がよくなる日本のイメージ。凋落した日本の復活。アベノミクスなどというその場しのぎの手法をアピールしているが、これはこれで、不景気にあえぐ市民の意識にじわりと響く。「強い国」も、領土問題における中韓あるいはロシアとの摩擦が生まれている現在においてナショナリズムをくすぐる。周到に、改憲・原発再稼働をテーマに挙げてはいない。
 結局のところ安倍政権は、経済界や産業界、大企業、ネット右翼と呼ばれる若い層などの組織票をすべて刈り取って、この選挙を乗り切る作戦なのだろう。投票率が低いいま、それらの組織票を得ることがすなわち勝ちにつながる。原発再稼働という最も危険なコマを進める政党が参議院第一党になる。言い換えれば、自民を支持する人々が求めているのは「安全・安心」な社会ではなく、やはりまずは金だ。豊かさの基準がいまだに金でしかない。
 いまわれわれは、「金」と「安全・安心」のどちらを選ぶかの瀬戸際に立っている。この選挙で、その結果が明らかになる。原発再稼働を推進し、TPPに参加することを誓う自民党を勝たせるということは、安全・安心よりも金を選ぶことにほかならない。立憲主義を打ち消し、公益(この場合は政権側の利益)を優先する憲法改悪を目指す自民党を勝たせることも同様だ。
 自民党の対立軸になりえなかった稚拙な民主党は壊滅状態。そのうえ、野党各党はばらばらの立ち位置を保ち、大きなうねりを起こせそうにない。ネットを使った選挙活動はいまのところは組織的な動きにたけた自民に有利なツールとなるだろう。野党はこれを有効に使う術を考える必要がある。
 安倍は2塁打を放ち、野党各党はスリーバント失敗。このままいけば、またも自民圧勝となる。せっかく衆議院の縛りとして歯止めになっていた参議院が自公の色に染まる(現在はけっして「ねじれ」ではない)。それはすなわち東北や福島の復興にはつながらず、またぞろ役人天下の復活だ。
 今回の参院選比例代表において野党で唯一コマを進めるのは共産党かもしれない。期待はずれだった民主の次の政党として市民が目を向けはじめたからだ。6月の都議選では議席数を伸ばした。昔の話はどうあれ、3.11以前から原発、原子力ムラに厳しくのぞんでいたそのぶれない姿勢が少しずつ市民の理解を得ているのだろう。また、山本太郎氏などの逸材が数人光り始めたのも収穫だ。
 安心・安全は倫理に通じる。市民が倫理よりも自民(金)を選べば、大企業とごく一部の富裕層、そして役人が喜ぶ社会が出来上がる(もっとも、ほうっておいてもグローバル化の影響で所得格差は広がっていくだろう)。これを見越したように、全国の電力会社が原発再稼働の申請を計画し始めた。世の中、いい意味でも悪い意味でもつながっているのだ。前述した諸問題もすべて根は同じ。結局尻ぬぐいは市民自らがすることとなる。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。