So-net無料ブログ作成

画家が死んだら [芸術]

 今夏オープンした近所の貸し画廊に行った。70代後半くらいの女性画家の個展が開かれており、会場をひとまわりして展示を見終わったのち、作家とそのご主人の三人でしばらく話をした。聞けば、夫婦とも画家だという。いまは郡山に住んでいて、より多くの人にみてもらうために今回三鷹の画廊を借りたとのこと。
 同じ県の出身だったので、作家活動や地元の画家などについて語り合った。その際、作品の制作場所や保管場所に話題がおよび、ご主人は少し湿った声で、自分が死んだら作品をどうしようかと思っていると言った。その方は知名度のある絵画団体に所属している。
 このご時世、作品は以前ほど売れなくなった。友人、知人の個展を見ても、売れるのは展示の1、2割といったところだろうか。しかも赤ピンが付くのは低価格の小品が多い。私は、いまだ作品に値段を付けて展示したことがないため、画廊で正式に絵を売った経験はない。描いたものは当然部屋にたまっていく。油彩画にいたってはつぶして上描きだ。以前個展をやったときは、せっかく額装したのだからと思い、多少ましなものを親戚や知人にあげた。まだ買い手がつくほどの作品はない。
 世間の画家は作品の保管をどうしているのだろう。ある程度は画室にためておけるだろうが、それも限度がある。100号程度の絵を年に数枚描いただけでたいへんだ。金があれば、倉庫でも借りるのかもしれない。前述のご夫婦の場合、二人で画家なので、単純に二倍のスペースを要する。ご主人は、さてどうしたものかとあてのない表情をした。「それでも描き続けているんだから」と半分あきれながら、笑った。
 同じような話を以前、やはり年配の男性から聞いたことがある。その人は退職したのち自分でも絵を描き始めたが、サラリーマン時代は芸術作品を買うのが趣味だった。それで、けっこう値の張る絵画や彫刻、陶器をいくつか持っており、それらについて「僕が死んだら、嫁さんに二束三文で処分されるのかな」などと半分自嘲気味に言っていた。
 絵描きは、自分が死んだ後の作品のことを考える。それは切実な問題なのだ。以前テレビで放映されたある女性画家は、自らの死後を思い、自宅の倉庫にたまった膨大な油彩画を1枚ずつばらして処分していた。悲痛な表情だった。それをみて、なんともやりきれない気分になったことを覚えている。
 売れた作品やもらわれていった作品は幸せだ。それでも、その先のことはわからない。購入した人が価値を見いだしても、その家族が同様に考えるかどうか。画家の自宅に残った作品群は多くの場合、妻や子供に託すことになる。画家の仕事に理解のある家族であれば、その後も作品は保管されるだろう。しかし、作品に価値を見いだせない家族であった場合、すぐさま処分されてしまう可能性が高い。ちなみに私の場合、妻は絵の好みが違うという理由で、私の絵にまったく興味がない。ときどき絵を見せて「どうだい?」と訊くと、「普通」という答えが返ってくる。これでは将来先に死ぬわけにはいかないだろう。
 多くの画家、いやほとんどの画家は、自分の作品に自信を持っている。いまは価値が認められなくても、いつかは、ひょっとして死んでから評価されるかもしれない、という希望を抱く。それは当然だ。そうでなければやっていけない。名だたる巨匠をはじめ、生存画家では27億円で作品が売れたゲルハルト・リヒターやダミアン・ハースト、草間彌生のように「アガリ」にたどり着けばしめたものだ。そう考えると、作品を残すということは、なんだか生存競争のようにも思えてくる。まるで、自分の遺伝子を残すための戦いのように。もっとも、画家にとっていちばん大切なのはいま対峙している仕事、つまりは精神のありようなのだが。
タグ:画家
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

いわきに建てられた仮設住宅 [原発]

20121003_iwaki8.jpg
20121003_iwaki10.jpg
20121003_iwaki12.jpg

 遅い夏休みをとり、いわきに帰省した。実家が管理人をしている寺に向かう途中で、原発事故による放射能汚染から避難してきた市民が住む仮設住宅を見た。形こそ狭小の長屋風だが、テレビで見てきたものとは異なり、それらの住宅は木造だった。無機質にならないようにする配慮だろうか。山間の平地にひっそりと建てられたような印象。父によれば、仮設住宅はいわきの各地にあるという。
 いわき市は広いので、建物を建てる土地は潤沢にあるだろう。休耕地になった田畑も多い。帰省している間3つの住宅地を見たが、いずれも休耕地だった場所につくられていたように思う。実際に敷地を歩いたところでは駐車場も十分に確保され、集会所のような建物もあり、入り口に建てられた案内板には「応急仮設住宅」と表記されていた。
 仮設住宅を見て最初に思ったことは、それが原発事故の被害によって出現したものであるという点だ。しごく当たり前の話なのだが、よく考えると私は、避難生活を送る市民と荒廃した町、死に絶えた動物などの映像や記事以外に、原発事故に起因する直接的な影響をまだ実際には目にしていない。しいていえば、ガイガーカウンターが表示する放射線量、つまり数値くらいだ。原子力事故の被害は可視化するのが難しい。
 放射性物質による食品汚染や環境汚染は深刻であり、国内の多くの市民を不安に陥れているが、その被害はいまはまだ具体的には現れていない。しかし仮設住宅は、放射能汚染から逃れてきた人々が住むために建てられたという事実として眼前にあった。表現は悪いが、静まりかえったゴーストタウンのようにたたずんでいた。その事実が、原発事故の悲惨さ、言い換えれば、国と企業による「暴力」の傷跡を改めて感じさせる。
 仮設住宅の間取りはいかにも狭そうだった。一人ならまだしも、家族で住むには相当無理があるだろう。間仕切りや隣家との壁もしっかりしたものではないはずで、そこで長期間暮らしたら、だれだって滅入ってしまう。
 双葉郡からいわきに避難してきた市民は2万3,000人を超え、今後も増える見込みだという。仮設住宅に住む人々は、自分の意思とは関係なく、国と東京電力が起こした事件によって故郷を離れ強制的に移住させられてきたのだ。いわきでは急激な人口増加により、道路の渋滞や店が混雑するといった事態も起きているようだが、それは避難してきた人たちのせいではない。すべて、国と東電、関連組織あるいはそれらがやることを見逃してきた市民の無関心が悪いのだ。そのような混乱を招いた罪は重い。たくさんの避難市民を生み出した元凶の行政や組織はいまだだれも裁かれていない。裁かれるどころか、東電の経営上層部は高額な退職金を受け取り悠々自適の生活を送っているという。そのうえ原発が再稼働し、新規の建設も再開された。人権を軽視した長屋のような仮設住宅と翻弄される人々の姿を見て、空疎な脱力感の後にじりじりと怒りが湧いてきた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感